カテゴリー
住宅ローン

子育て支援型・地域活性化型フラット35

地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、地方公共団体による財政的支援と合わせて、フラット35の金利が一定期間引き下げになる制度が始まりました。

千葉県下では松戸市が平成29年5月25日から三世代同居等住宅取得支援とともに、始めております。

フラット35Sの場合ですと、当初10年間は金利が0.3%引き下げになり、更に当初5年間は金利が0.25%引き下げになりますので、かなりお得です。

例えば、ARUHIでフラット35sを利用した場合、平成29年6月の金利で、

当初5年間 0.54%、6から10年間 0.79%、11年目以降 1.09%となります。

この制度を利用するためには、松戸市では『三世代同居等住宅取得支援』の適用が条件となるようですので、松戸市のホームページでご確認ください。