税金

  • 2019.09.06

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税制度とは

親や祖父母からの住宅資金の贈与が、最大3000万円まで非課税! 制度の概要 2015年1月1日から2021年12月31日までの間に、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等の対価に充てるための金銭を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、次の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります。 消費税率・契約時期別の住宅資金 […]

住宅ローン控除(減税)の変更点まとめ

令和元年10月より控除期間を13年間に拡充 令和元年10月の消費税率10%への引上げにあわせて、10年間であった控除期間を13年間に拡充されることになりました。 そこで、住宅ローン控除(減税)について、まとめておきたいと思います。 住宅ローン控除とは マイホーム購入の際、住宅ローン控除や住宅ローン減税といった言葉をよく耳にしますが、呼び方が違うだけで、どちらも同じものです。 正式名称は住宅借入金等 […]

不動産取得税:新築住宅の軽減

先日、住宅用地を取得した場合の不動産取得税についてご説明しましたが、今回は新築住宅を取得した場合の新築住宅の軽減についてご説明いたします。 新築住宅を購入した場合、一定の条件を満たせば、不動産取得税が軽減されます。

固定資産税の減額について

新築住宅や住宅用地には、固定資産税の特例措置があり、ある一定の条件を満たせば税金が軽減されます。   新築住宅の要件 ①新築年月日が平成17年1月2日から平成24年3月31日までのも

固定資産税

固定資産税とは、1月1日現在の不動産(土地・建物)の所有者(正確には固定資産税課税台帳に登録されている人)に課税される税金で、地方税(市町村税)です。   税率 税率は100分の1.4で、計算式は以下のようになります。 税額=課税標準額×1.4% 課税標準額は土地の場合、固定資産税課税台帳に登録されている固定資産税評価額を基準に負担調整措置を行って算出されます。 建物の場合には、固定資産 […]

不動産取得税とは?

不動産取得税とは、不動産(土地や建物)を取得したときに、一度だけかかる税金(地方税)で、都道府県に収めます。 税率は取得した時期によって若干異なります。